深い呼吸をする

人が生きていくために常にし続けている呼吸は酸素を取り込むだけでなく、脳

人が生きていくために常にし続けている呼吸は酸素を取り込むだけでなく、脳を活性化し、血液の循環を良くする効果も知られています。そのため、呼吸が浅くなり酸素が不足すると、脳をぼ~っとさせてしまったり血行が悪くなったりすることがあるようです。他にも、体に違和感や痛みが発症しやすくなることも知られています。そのため、日に何度かは深呼吸をし、酸素を体内に十分に取り組むように心がけると良いでしょう。

もしかすると、日中に頭がぼーっとしたりなんとなく体調が悪いように感じたりしてしまうのは、体内の酸素供給が不足しているかもしれません。このようなときこそ深呼吸をすると良いでしょう。デスクワークなどでじっとしていると、呼吸は無意識に浅くゆっくりとなってしまいます。自分では気がつかないうちに浅くなり、十分な量の酸素が頭や全身に回らなくなってしまうこともあるでしょう。そのため、意識的に深呼吸をしてそのような状態にならないようにしましょう。

深呼吸するときのこつは、胸をやや反り開いて、深く息を吸いましょう。下を向いていては息が吸いにくいので上を向くようにしましょう。呼吸法は腹式呼吸でも、胸式呼吸でも、どちらでもあまり差がないように思います。それよりも大切なのは呼吸に意識を集中することでしょう。全身で息を吸い、頭の先から足の先まで酸素を行き渡らせる意識と、全身で息を吐く意識に集中するようにしましょう。吸うだけでなく吐き出す動作も深呼吸では重要です。意識して呼吸するかどうかで、効果は一段と変わってくることでしょう。

深呼吸には精神的にも効果があることが知られています。緊張している状態を和らげたり、心身をリラツクスさせたりする効果があるようです。整体の痛みが治らずに不安なときや、痛みでイライラした気持ちになってしまったときには一度深呼吸してみると良いでしょう。気持ちが穏やかになり、痛みが和らぐように感じると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です